レックストルネコ 第10弾3連勝

こんにちは!


環境も最終盤にさしかかり、ランクマッチ上位を狙う方はスパートをそろそろかけよう、、色々なデッキを試しすぎて追い上げが難しいほどランクが下がってしまった方は今期は諦めよう、など取り組み方にしっかり差が出てくる頃なのではという感じがします。

最終日になるとランクが下がりきった人は、勝っても勝っても新しくレジェンド入する人がいるのでポイントは上がってもランクは上がらない!なんていう経験はあるあるではないでしょうか?
まだ2日強あるので自分の目的に合わせて走りきりましょう!

今回はヒーローをレックスに据えたレックストルネコの紹介をしていきます。

デッキレシピはこんな感じです↓

レックストルネコ.png


レックストルネコは「レックス」がヒーローで出た当初に流行りましたが、今環境でも十分に戦うことができました。

武器をちゃんと序盤に引いて、ヒーロースキルとのシナジーカードがうまく発動すれば、5,6ターン目には勝ち切ることができる初速の速さのあるデッキです。

ただうまく武器を引けないと攻めきれずに負けてしまうため、「きせきのきのみ」を採用して一発逆転ステルスユニットなどを巨大化させて無理やり殴り勝つプランも添えています。

「ゆうれい」を種で強化してから「きせきのきのみ」からの2回攻撃をしたり、その他相手の取りきれなかったユニットを強化しても十分脅威となり得ます。


各カードの解説をしていきます。


・つちわらし


先行でも一度目のテンションはヒーロースキルがちゃんと使えれば回りやすく、そこで得た種を無理なく使って盤面を強化します。
生き残りそうならば「超ちからのたね」をつけて一気に攻めるのをねらっても強いです。



・ピッキー、メデゥーサボール


殆どが2コスト以下のカードで手札は常に尽き気味となるためぜひとも効果は発動させたいです。
マリガンでも武器の次に優先してもってきたいカードです。
一番生き残りやすい場所を探って置きましょう!


・かれくさネズミ


一度でも発動すればとっても優位を加速できるカードです。3ターンめに「ピッキー」と一緒に出して効果発動させれば、相手はどちらを取るべきかで悩ませることができます。
メタルスライムは種で強化すれば非常に厄介なカードとなります。二度三度発動すれば手に追えない硬さにもなります。


・フラワーゾンビ、おどる宝石のそろばん、ケダモン


武器カード、準ずるカード。

マリガンではキープしたく、両方来た場合は「フラワーゾンビ」を優先して、1ターン目召喚→2ターン目に引いた武器装備という流れを作りましょう。
ただ「とげぼうず」と「踊る宝石のそろばん」がその他にあった場合はこちらの流れを意識して動くということもありえましょう。

「ケダモン」はリーダーに攻撃力を付与する効果を持つユニットで、武器がなくても一時的にヒーローレベルを上げられます。
もしこいつだけしか序盤に引けないようなら、死守するような配置を意識しましょう。なんなら種と一緒に使うために先行2ターン目なら使用を放棄することすら考えられます。


・プチファイター、プチヒーロー


プチシリーズ。シンクロユニット①

「プチファイター」は速攻で確実にダメージソースとなるためアグロと相性バツグンで採用。
「プチヒーロー」はスタッツの優秀さから採用。スタッツの高さから生き残りやすく、終盤の「きせきのきのみ」をこいつにかけるとバフ幅が大きくなります。

ただいずれも武器が引けてヒーローのレベルが上がらないとダメなのでそこが最優先です。


・ソードファントム、ゆうれい


ステルスシリーズ。シンクロユニット②

うまくこれらに種をつけて「きせきのきのみ」の発動を狙いたいユニットの候補たち。
「ゆうれい」は2回攻撃が強力ですが、5コストで出すのがやや難しく素の攻撃力が低いため倍にしても火力不足が否めません。

つまり種の温存が不可欠ということになります。



・ブラバニクイーン


ユニットになった「メラゾーマ」。シンクロユニット③

順当にヒーローレベルが上がれば4ターン目に5点速攻が使えて相手からしたらものすごい圧力でしょう。
貫通を利用してユニットの処理に使ってリーダーへの道をひらく用途もあります。



・超ちからのたね、きせきのきのみ


パワーアップアイテム。

「超ちからのたね」は単純に2点分ダメージとして期待できますし使い勝手もいいので2枚採用しました。
「きせきのきのみ」はコンセプトカードの一つですが最後の砦としての役割が大きいです。

終盤に手札に来たときにプランとして考えていくものでいいでしょう。決まればものすごいダメージとなるので爽快感たっぷりです。



★まとめ★



いかがだったでしょうか?


とにかくこのデッキの肝はいかに武器を引いて「レックス」の効果を発動させるかです。
そして「ピッキー」「かれくさネズミ」「メドゥーサボール」の効果を使って次の手につなげていくことも大事です。

ただそのまま削りきれる程の攻撃力はまだないため、そこの一押し用のステルスユニットで攻めきります。

懐かしさすら感じるレックストルネコですが、当時ほどの反則的な感じはないですがハマったときの速さや、ヒーローシナジーの強力さは流石は唯一の0コスヒーロー「レックス」、類を見ません。

新しく始めた人で、

「「レックス」使ってる人見たことないけど?」

と思った人がいたらこのデッキを試して魅力を感じ取ってもらえればと思います^^

長く険しいバトルの箸休めにサクッとできる対戦としても有用なデッキなのでぜひ使ってみてください^^


ブログランキングに参加しています。
このブログを面白いと思ったらリンククリックお願いします!

人気ブログランキングへ
このデッキを使った対戦動画はこちら↓

ぜひ合わせて楽しんでください^^



この記事へのコメント