ビルドゼシカβ版 レジェンド帯健闘中

こんにちは!

少年シドーの対応力の高さから、多くのリーダーで採用が確認されているこの頃です。

そんな中攻撃性能という点だけ見れば、「紅蓮の火球」を使えるゼシカは少年シドーを初めからレベル3として使えているのでは?と思えてきます。
武闘家や占い師はもともとテンションを回すのが得意なリーダーなので、そこに「少年シドー」が入ることで開花するのが理解できる一方、
しっかりテンションスキルを活用しながら特技によるバーンダメージも合わせていけば、ゼシカの攻撃力をしっかり生かしたデッキが作れるのでは?と思って着想したのが今回紹介するビルドゼシカです。

デッキレシピはこんな感じです↓

ビルドゼシカ.png


実際に組んでみるとそこまでテンションスキルに拠らないデッキになりましたが、「まほう研究所」のターンをまたいで特技ダメージ強化の恩恵を受けられる強みを生かした鋭いバーンダメージが特徴のデッキに仕上げることができました。

とはいえ強力な「超スーパーカー」を「ジゴック」や「アデン」で長持ちさせながら戦えば安定してテンションスキルを使い回すことができ、「最強のテンションスキル」との謂れもある「紅蓮の火球」をしっかり活用できるため、当初のプランのテンションスキルへの注目という点もある程度網羅しています。

リーサルへの道筋としては、基本的には特技やテンションスキル、ユニットのダメージの積み上げと、最終盤の「まほう研究所」効果下のメラ系呪文の連発です。
そのためにいかにユニットの除去を行うかが肝になってくるため、除去の必要が迫るときのやり方が難しいデッキではあると思います。

建物カードも出した瞬間に有利がとれるカードはなく、置くタイミングが難しく手札で腐ってしまってもったいないときがあるのも大変です。

とはいえ(汗)採用カードの紹介をしていきます!


・メラ、メラミ、メラゾーマ


バーンダメージソース。
「まほう研究所」と合わせてリーサルへの計算をしていきます。

どうしてもユニットに切らないといけないときには使いますが、残しておきたいカードたちです。
またダメージ軽減カードとして冒険者ククールの「勇者アンルシア」にある「勇者の盾」に始まり、「神官クリフト」「フェイスボール」などに出会うことが稀ではありません。

いつ使うのが適切か、「まほう研究所」の寿命を加味して判断していきましょう。


・プチマージ、ピッキー、プチファイター


1コスト軽いユニットたち。

すぐにヒーローレベルが3になるためシンクロカードととっても相性がいいのがプチシリーズです。

またロトにも通じることですが、次のターンにヒーロースキルを使う前提で置くとうまく攻撃に転じることができます。
ただ「プチファイター」はレベル2になるまでHPが1なので、特に1点ダメージの出しやすいピサロ相手には控えましょう。
後攻1ターン目ならなおさらHP1は貧弱なので、速攻として使うために温存しましょう。

「ピッキー」はドローとして。ただ手札が有り余ることが多く、持て余し気味です。
メラ系呪文が沢山揃えば問答無用でリーサルとなるためドローは重視しましたが、溢れてしまっては本末転倒ということで「メラゴースト」などと取り替えることも考えた方がいいかもです。


・まほう研究所、図書館


建物2種、計4枚。

マリガンは建物は全て返して、ビルドレベル1が空打ちになりにくくします。

両者が来たらコストを下げるのは「図書館」にしましょう。
レベル2の隙間を塗ったりその後の合間で出せれば、リソース元を確保できます。
一番イヤなのは出すのを先送りにし続けて味方の建物がなくなり、コスト-1の恩恵を受けられなくなる点です。
早く出せればその分次の一手に繋がるカードが引き込めるかもしれないですし、無理なくだしましょう!

「まほう研究所」はそれ以上に出すタイミングが困りますが、「双竜打ち」の除去と合わせたりと工夫していきましょう!


・ポンポコたぬき


テンションカード。
死ねば「紅蓮の火球」に繋がるカードですし、本人が「紅蓮の火球」相当の攻撃力内蔵です。

「超スーパーカー」や「オアシス」が出ているときに出すと、それらの効果を失念してテンションが無駄になってしまう点は注意です。


・双竜打ち


メラ系呪文を除去に使うことを避けるための優秀な除去札。
後攻なら特に強力で、何かと出しにくい「まほう研究所」の建設に合わせて使えば隙は減じるでしょう。


・ブラッドレディ


こちらもメラ系呪文の温存のための除去札。

どんなデッキにも入るだけの汎用性のある強力なユニットです。


・ジゴック、アデン


建物温存カード。

「アデン」はコストが重いのでピン刺しです。
「超スーパーカー」を延命させれば、ダメージの方は期待できませんがドロー+テンションとして使えて便利です。
ただ手札圧迫は注意です。深刻。

「ジゴック」は「シーゴーレム」級のスタッツに建物延命効果と、ビルドデッキなら必ず採用できるほどのシナジーカードです。
序盤なら「オアシス」や「図書館」に使ってもいい仕事をします。早めにだした「まほう研究所」に使うのも○。


・ラリホービートル


あとリーサルまで少し!というときに遅延に役立つカード。
残すには無視できないな攻撃力と、楽には取れないHPが相手へプレッシャーとなるでしょう。

昔の話ですが、「マミー」という現マスターズ用カードがいろいろなデッキで流行ったことがありましたが、それを彷彿とさせるカードです。



・エビルマージ


テンションが回りやすいため採用。
ただよく回るのではなく、素のテンションカードの代わりにテンションを上げてくれるカードが多い、という印象なので、考えどころではあります。



★まとめ★


使用感としてはかなり手札の圧迫が激しく、特に「超スーパーカー」を使ったターンの手札の増加と、この建物を延命するたびに手札が増える影響が大きかったです。
「図書館」の存在も影響しています。


今回デッキ紹介をしていきましたが、かなり改良の余地のあるデッキだと思います。

「ラリホービートル」「ポンポコたぬき」「図書館」の枚数を見直し1コストユニットを増やして、より細かく手札を切れるように入れ替えてみる方がいいです。「ピッキー」についても要検討です。

ただ骨組みとして「まほう研究所」と特技のシナジーや強力なテンションスキルの有効利用という部分の強力さはしっかりお伝えできたのではないかと思っています。

これを活かして、次回以降にまたデッキを組み直して改良版のビルドゼシカをお示ししようと、現在メラゾーマ級に気持ちを発奮させております!笑


皆さんもぜひこのデッキを参考に相性がいいカードを見つけていってください^^



ブログランキングに参加しています!
このブログを面白いと思ったかたはリンクのクリックをお願いします!↓





youtubeで本デッキの対戦動画もあげています↓


ぜひこちらも合わせてお楽しみください^^

この記事へのコメント