アグロゾンビテリー@第6弾環境 7勝3敗

こんにちは。アグロゾンビテリーの紹介をしたいと思います。



ゾンビテリーは、優秀なパワフルバッジが多いため前弾環境のときから使いたいと思っていたのですが、高い耐久と裏腹に回復の苦手なテリーというリーダー、盤面干渉力の低さから有利トレードを繰り返されるため、実用性が低かったです。ですが無理にゾンビ軸を意識しすぎず、アグロデッキとして使うことで勝率がグンと伸びたので紹介していきます。


デッキレシピはこんな感じです。


タイトルなし.png



勝ち筋としては、序盤からさんぞくサーベル、エビルスピリッツでリーダーの攻撃回数を増やして早ければ5ターン目(最速は4ターン目ですが)でライアンをだして盤面有利を作り、攻撃し続ける。7ターン目のデビルアーマーと雷鳴の剣のコンボで一気に削り切るのが狙いです。

中堅ユニットに優秀なカードが多く、ライアンを出したあとも失速し辛いのもポイントです。


採用カードの紹介を1枚ずつしていきます。


・さんぞくサーベル

テリー唯一の1コスト武器。1/1/3、つまり3ダメージ+ライアンのコスト-3ということなので序盤から惜しまず顔を殴ります。


・ことだまつかい

一度でもリーダーを殴れれば1コストで4点分のダメージになるパワーカード。後に紹介するだいぼうぎょを2ターン目につけられれば処理が非常に難しくなります。初手マリガン絶対キープ。1ターン目の動きとしてはさんぞくサーベルよりも盤面強化が優先です。



・ゴースト


ステルス持ちの1コスゾンビユニット。ロトのたたかうを受けないため確実に2点飛ばせる点が優秀なので採用しました。2枚採用しましたが1枚はシャーマンに変えてもいいかと思います。



・勇者ソロ


早い段階でライアンを出して強い盤面を作りたいので、ロトではなくこちらに。アグロの弱点である手札が枯渇しづらい点をカバーでき、レベル2で雷鳴の剣を引ければ7ターン目のコンボが決まりやすくなるので狙っていきます。


・フラワーゾンビ

3、4枚めのさんぞくサーベル。さんぞくサーベルと一緒に初手で弾けた場合でもキープしています。理由はソロのレベル2で雷鳴の剣を引きやすくするためなのと、少しライアンを出すのを遅らせて、ライアンをサーベル2本を振り切ってから、ゾルデやオルゴデミーラと一緒に出すことを狙えるからです。



・エビルスピリッツ


1コスユニットが引けていなくてもキープするようにしています。後攻エイトピサロ相手で、2ターン目エビルスピリッツ、3ターン目ガストと出すとピサロナイトが上から取れるようになるので、それを狙うなら後列に置いてガストで守れるようにすると良いです。


・だいぼうぎょ
特技はソロのサーチが濁るためあまり入れたくなかったのですが、2/2/2速攻カード以上の働きをするこいつをアグロで採用しない選択はありませんでした。
単体を強化するためバラバラで出すよりも2点が生きやすいです。


・ガスト
1コストゾンビを序盤に何体か展開しておいて、ガストで一気に強化して不意の有利トレードをとる動きが強力です。
早く出せるほどユニットの場持ちがよくなるため、1コスユニットが引けていない場合も原則マリガンキープしています。

・ブラッドレディ
強力な盤面干渉を行うユニット。ゾンビテリーの弱点である受けによりがち、という点を克服するために採用。
さんぞくサーベル、ブラッドレディで2点作り出したり、雷鳴の加護3点+エビルスピリット2点+ブラレ1点でシーゴーレムを落としたりと、
先行でも足し算のパーツにすれば十分強いです。

・シーゴーレム
2ターン目までにだしたゾンビたちを守ります。特に採用しない理由がないくらい当たり前に採用するに至りました。

・オルゴデミーラ
アグロデッキのリソースを枯らさない優秀な中堅ユニット。第三、第四形態はゾンビ系でバッジの効果を受けるためシナジーあり。

・しにがみきぞく
大防御と合わせて6点出したり、盤面が埋まりやすいエイトピサロでリーダーへの道を切り開いたり、と使える場面が多いです。
ガストのバッジが付与されれば、ゼシカの魔導召喚で出たスノーホムンクルスと裏のマリベルを上から取ることができます。
言わずもがな強いですが、中盤から終盤にかけて真価を発揮するためアグロデッキとコンセプトがずれ、採用枚数は一枚にとどめています。

・ヘルオーディン
貫通付与・自身がにおうだちで裏のユニットを守ります。敵が侮って放置したフラワーゾンビがガストでHP+1、そして貫通もちとなって
十分すぎる仕事をしてくれるようになります。バッジは優先的につけたいので2枚採用。ただ貫通は最優先ではないので1枚にとどめて
低コストを増やすのも良いかと思います。

・ラヴィエル
ソロでサーチする冒険者をライアンと何にするかで、他にグレイグ、パパス、少年テリーで迷ったのですが、グレイグとラヴィエルの二択になると考えています。
理由はラヴィエルは、復活したライアンが一度目のライアンよりも更にコストが下がっていて終盤にもつれ込んだときの巻き返しがしやすくなるため保険になるからで、
グレイグは1ターン様子見をした後5点が自由に飛ばせる点がアグロと相性がいいと思ったのですが、メイデンドールやロトによる細かい打点の捻出が容易な点からムラも多く不採用としました。
尚パパスは死ぬタイミングと雷鳴の剣コンボが噛み合わないことが多かったことから、少年テリーはテリーの攻撃回数を減らしてしまうことから不採用としています。

・屍騎軍王ゾルデ
うまくゾンビユニットが残っていれば一気に強化できます。影もゾンビのバッジを受け、トレードの駒として大変優秀です。

・雷鳴の剣・デビルアーマー
これらのコンボを7ターン目に狙います。非常に強力ですが、このコンボでリーサル確定となることは少ないです。ユニットがしっかり並べられていればもう何ターンかでククール相手でも削りきれます。
3点の行き先を絞れるような攻撃の順番が大切。

・黒騎士レオコーン
8ターン目ならばリーサルまでの逆算はできていると思うので、あと何回ゾンビを出せばいいか、という勝負に持っていけます。

・ライアン
中盤まではライアンを早い段階で出すことを狙っていきます。サーベルを三回振って、エビルスピリッツが一度攻撃すればコストが5まで下がるので、この段階で出せることを狙います。
出てくるホイミンに大防御をつけて無敵三点マシーンにしたり、ホイミンの回復がユニットに行くようにリーダーの体力を管理したりします。


まとめ

アグロゾンビテリーとしていますが、中盤から終盤にかけてもスキの少ないデッキだと思います。
弱点はデスタムーアの処理が盤面のユニットに任せられているという点です。レジェンド帯に行っても通用するかはわかりませんが、多く使われない「ゾンビ」テリーに「命を」吹き込む余地があることは伝えられたと思います。
またゾンビ軸であり、ライアン軸であるので、こちらもあまり使われないライアンが強いというのも使ってぜひ試してみてください!











この記事へのコメント